サービスエリアとパーキングエリアの活用術

高速道路には案内表示にPA、SAの記載があります。PAはパーキングエリアのことで、駐車スペースがあり、トイレと簡単なコンビニなどの水分や食べものなどを購入できるようになっているところを示します。一方、SAはサービスエリアのことで、パーキングエリアのサービスに付け加え、お土産物やさんや、飲食店がより充実しています。こちらの方が利用客が多く、ゴールデンウィークや年末年始のピーク時は混雑していることも多くあります。しかし、その場所によって名物の食べ物、お土産品などがあるため、あらかじめ目的をもって立ち寄っている人もいます。ついついいろんなお店を見てしまって長居をしてしまうこともあります。トイレのためだけに寄ったのに、たくさんお買い物をしてしまったなどということもあるでしょう。そういったことを避けたい方がぜひパーキングエリアに立ち寄ることをおすすめします。トイレだけでしたら、十分ですし、混雑に巻き込まれることも少ないでしょう。高速道路を走っていて、休憩を考える際に、案内表示を見て、次はどちらかをチェックしてから立ち寄るようにしましょう。この二つを上手に活用することでスムーズなドライブができることでしょう。

コメントは受け付けていません。