SAとPAの違い

高速道路を走行していて休憩するスポットの解説を。

SA、サービスエリアは概ね50キロごと、北海道では80キロおきに設置されている休憩スポットです。 休憩、食事、自動車の給油と点検などを行うためのスポットです。 駐車場やトイレはともかくとしまして、レストランや公園、果ては温泉や宿泊施設を備えているサービスエリアもあります。 また、近年ではサービスエリアに行くだけが目的の人も増えてきており、それの影響はサービスエリアで販売している名物が目的であったり、速弁なるものを売り出しているサービスエリアもあります。

PAは、パーキングエリアであり、概ね15キロ、北海道では25キロごとに設置されている休憩スポットです。 大体は、トイレと駐車場のみであり、本当に休憩するだけの施設が大半です。 駐車場に止められる台数が限られているので、常に満車になりやすく、バスなどの大型車が入りにくいという欠点もあります。 ただ、バスでの団体客があまりきませんので、ゆっくり休めるという長所がPAにあります。

ただ、最近ではサービスエリア並みの施設を兼ね揃えているパーキングエリアがあったり、トイレと駐車場のみのサービスエリアがあったりと、施設面では逆転しているところもあります。

かいつまんで言えば、設置されている距離の違いです。

コメントは受け付けていません。