温泉付きSA

高速道路を走行していて、一度は利用するサービスエリア。 普通、サービスエリアと言いますと、ガソリンスタンドやレストランがあり、ドライバーが休憩スポットするだけの施設だと認識している人が多いと思います。 しかし、最近は温泉施設を併設しているサービスエリアがあります。

東名高速道路の足柄サービスエリアが、入浴・宿泊施設があるサービスエリアのはしりで、その次に名神高速道路の多賀サービスエリアにも、同じように入浴・宿泊施設が設けられました。

アイランド03そして、現在では、全国各地に入浴施設のあるサービスエリアが登場しました。 中央自動車道の諏訪湖サービスエリア、東海北陸自動車道の城端サービスエリア、秋田自動車道の錦秋湖サービスエリア、北陸自動車道の徳光パーキングエリアなどです。 コインシャワーのあるパーキングエリアも存在し、シャワーや温泉で運転疲れを取ってまた運転できるという事です。 特に、長距離ドライバーにはこれらの施設は重宝されていると思います。

一昔前までは少なかった高速道路上の温泉ですが、今では増え続けています。

温泉付きSAは、今では珍しくない存在になりつつあり、これ目当てでサービスエリアに行く人が増えてきているのも事実です。

コメントは受け付けていません。