休憩施設の規模

楽しいドライブ。 しかし、連続運転で運転疲れで追突事故を起こしてしまったら、楽しいドライブも台無しになります。

適度な休憩をしつつ、ドライブをすれば楽しさも倍増する事でしょう。

高速道路であれば、50キロおきにあるサービスエリアと25キロおきにあるパーキングエリア。 パーキングエリアは、トイレと駐車場の最低限の施設がありますので、休憩する分なら申し分ないです。 また、最近ではコインシャワーもありますので、頭をスッキリしたいときにはちょうど良いです。 サービスエリアは、トイレと駐車場のほかにレストランもありますので、空腹時にはレストランで一息つけます。 さらに、中には温泉などの入浴施設があるところがありますので、温泉で運転疲れを取ることが出来るところもあります。 また、サービスエリアの中に公園があるハイウェイオアシスなるものがありますので、気持ちもリフレッシュすることが出来ます。

でも、実際の所はサービスエリアもパーキングエリアも距離で決まっていますので、施設規模がまちまちです。

一般道であれば、道の駅がこれらと似たようなものです。

高速道路のサービスエリアやパーキングエリア、一般道の道の駅などの休憩施設は規模にもよりますが、そこで充分楽しめるところが中にはあります。ドライブの目的地がサービスエリアや道の駅だなんてよくある話しです。

コメントは受け付けていません。