ドライブ中の休憩スポット 

高速道路を利用して遠方への尾高家などでサービスエリアなどの利用をする場合、予め休憩する場所を検索しておくと便利です。 高速道路を利用する意味に、目的地まで早く行くということも重要となります。 サービスエリア利用の目的は、トイレ休憩やお土産品の購入に食事が主となります。 高速道路で停車するサービスエリアでは平均的な停車時間が大きなサービスエリアほど長くなると言われています。 トイレの利用で一度サービスエリアに入ると、平均で20分、食事での停車をすれば30分から40の停車時間となると言われています。 インターネットで飲食店舗や買い物をするお店などが検索できますので、予め調べておくことにより、スムーズな休憩が取れ、楽しい旅となるでしょう。 一般道路に降りると、幹線道路沿いに道の駅があります。 道の駅は高速道路でいうサービスエリアと同様です。 地方の道の駅では、トイレやレストランの他に地元ならではの食材を用いた郷土料理のお店などがあり、売店でも地元の特産品をネタにしたお寿司屋、コロッケ、焼き物や揚げ物などテイクアウトなどで販売するお店も多いです。

自治体が提供する交通情報などを調べて楽しいいドライブを実現しましょう。

コメントは受け付けていません。