‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

ハイウェイオアシス

2014/05/16

高速道路のドライブ中の休憩に使われるサービスエリアですが、ハイウェイオアシスは休憩のみならず、エンターテイメントも揃った施設になっていて、今はそこだけでも十分に楽しめる場所になっています。特に刈谷サービスエリアは初めて見る方はきっとびっくりしてしまうと思います。まず、高速道路から見える観覧車に驚くことでしょう。観覧車だけでなく、メリーゴーランドやゴーカートまであります。そして大人向けには入浴施設もあります。運転で疲れた体を休め、仮眠もとることができるのはありがたいサービスです。一時話題になったドクターフィッシュもあり、お楽しみ感もあります。そして、他には噴水などの景観のよい、落ち着ける空間もあり、ペットの散歩にもよいでしょう。そして休憩と言えばトイレですが、ここにはデラックストイレと言って、その名の通り内装がとても贅沢で、きれいなトイレがあります。トイレを重視する方は、こちらのトイレは清潔感もありますので、合格点でしょう。そして、お土産ものなどを買うのにも満足のいくところになっています。この場所は愛知県ですが、周辺の県のお土産が購入できます。名古屋だけでなく、伊勢の赤福、岐阜の長もちなど、その場所に行かなくては購入できないものがここで手に入ります。
そして、愛知県といえば、えびせんべいですが、えびせんべいだけをあつかっている店舗もあり、いろんな種類のえびせんべいを試食することができます。一度立ち寄って見る価値はあります。

休憩施設の規模

2014/05/16

楽しいドライブ。 しかし、連続運転で運転疲れで追突事故を起こしてしまったら、楽しいドライブも台無しになります。

適度な休憩をしつつ、ドライブをすれば楽しさも倍増する事でしょう。

高速道路であれば、50キロおきにあるサービスエリアと25キロおきにあるパーキングエリア。 パーキングエリアは、トイレと駐車場の最低限の施設がありますので、休憩する分なら申し分ないです。 また、最近ではコインシャワーもありますので、頭をスッキリしたいときにはちょうど良いです。 サービスエリアは、トイレと駐車場のほかにレストランもありますので、空腹時にはレストランで一息つけます。 さらに、中には温泉などの入浴施設があるところがありますので、温泉で運転疲れを取ることが出来るところもあります。 また、サービスエリアの中に公園があるハイウェイオアシスなるものがありますので、気持ちもリフレッシュすることが出来ます。

でも、実際の所はサービスエリアもパーキングエリアも距離で決まっていますので、施設規模がまちまちです。

一般道であれば、道の駅がこれらと似たようなものです。

高速道路のサービスエリアやパーキングエリア、一般道の道の駅などの休憩施設は規模にもよりますが、そこで充分楽しめるところが中にはあります。ドライブの目的地がサービスエリアや道の駅だなんてよくある話しです。

道の駅の目的

2014/05/16

高速道路のサービスエリアと同じように、一般道路の休憩スポットとして道の駅があります。長距離トラック輸送のドライバーだけでなく女性や高齢者を含めた様々なドライバーが気軽に立ち寄って休憩をしたり、多様なサービスを利用する目的で全国に1000ヶ所以上の施設が設置されています。
サービスエリアと違う大きな特徴としては地域振興の機能を持っています。その地域のグルメや特産品を販売するのは高速道路のサービスエリアでも同じですが、施設の建材に地元の木材や瓦を使用したり水車を設置して風景に配慮した景観デザインを行ったり、地元ならではの詳細な観光情報も発信しているので、利用者だけでなく町おこしの起爆剤としても地域住民から期待されています。実際に利用してみると露天風呂や温水プールを設置したり、新鮮な海の幸や山の幸をその場で焼いて食べるバーベキューコーナーを設けている個性豊かな施設がたくさん誕生しているので、サービスエリアとの差別化が図られていることに気付くと思います。
また、これらの目的だけでなく近年では台風や暴風雪、地震などの災害発生時に避難者・被災者の受け入れ先として利用したり、被災地復興の中継地としての役割を果たすようになりました。これからは本格的に防災拠点としての機能も取り入れ、ドライバーそして地域住民の為にさらに便利な施設として発展していくものと思われます。

ドライブ中の休憩スポット 

2014/05/16

高速道路を利用して遠方への尾高家などでサービスエリアなどの利用をする場合、予め休憩する場所を検索しておくと便利です。 高速道路を利用する意味に、目的地まで早く行くということも重要となります。 サービスエリア利用の目的は、トイレ休憩やお土産品の購入に食事が主となります。 高速道路で停車するサービスエリアでは平均的な停車時間が大きなサービスエリアほど長くなると言われています。 トイレの利用で一度サービスエリアに入ると、平均で20分、食事での停車をすれば30分から40の停車時間となると言われています。 インターネットで飲食店舗や買い物をするお店などが検索できますので、予め調べておくことにより、スムーズな休憩が取れ、楽しい旅となるでしょう。 一般道路に降りると、幹線道路沿いに道の駅があります。 道の駅は高速道路でいうサービスエリアと同様です。 地方の道の駅では、トイレやレストランの他に地元ならではの食材を用いた郷土料理のお店などがあり、売店でも地元の特産品をネタにしたお寿司屋、コロッケ、焼き物や揚げ物などテイクアウトなどで販売するお店も多いです。

自治体が提供する交通情報などを調べて楽しいいドライブを実現しましょう。

温泉付きSA

2014/05/16

高速道路を走行していて、一度は利用するサービスエリア。 普通、サービスエリアと言いますと、ガソリンスタンドやレストランがあり、ドライバーが休憩スポットするだけの施設だと認識している人が多いと思います。 しかし、最近は温泉施設を併設しているサービスエリアがあります。

東名高速道路の足柄サービスエリアが、入浴・宿泊施設があるサービスエリアのはしりで、その次に名神高速道路の多賀サービスエリアにも、同じように入浴・宿泊施設が設けられました。

アイランド03そして、現在では、全国各地に入浴施設のあるサービスエリアが登場しました。 中央自動車道の諏訪湖サービスエリア、東海北陸自動車道の城端サービスエリア、秋田自動車道の錦秋湖サービスエリア、北陸自動車道の徳光パーキングエリアなどです。 コインシャワーのあるパーキングエリアも存在し、シャワーや温泉で運転疲れを取ってまた運転できるという事です。 特に、長距離ドライバーにはこれらの施設は重宝されていると思います。

一昔前までは少なかった高速道路上の温泉ですが、今では増え続けています。

温泉付きSAは、今では珍しくない存在になりつつあり、これ目当てでサービスエリアに行く人が増えてきているのも事実です。

SA内のペット用施設

2014/05/16

犬は、飼い主と一緒に行動することを好みます。
そのため、キャンプや川遊び、ドライブなどのレジャーに愛犬を連れて行く家庭も増加しています。
また、愛犬と宿泊できるペンションや旅館、温泉施設なども一般的になり、雑誌などで特集されるほどになりました。
目的地までペットを自動車に乗せて行く場合、長距離になるとトイレや水を飲ませるなどの休憩をとる必要が出てきます。
そこで、大型のサービスエリアに設置されているペット用施設を上手に利用すれば、快適なレジャーを楽しむことができます。
まず、犬専用のトイレや水のみ場を利用し、軽く散歩をして気分転換をすることで、犬も飼い主も長時間乗車していたストレスを緩和します。
食事をする場合、外のテーブル席は犬を連れての利用が可能なことが多いため、天気がよければ愛犬と一緒に食事やおやつをとることができます。
さらに一歩進んだサービスとして、土地ならではのものが楽しめるドッグカフェなどがある場合、それを目的としたドライブをする人もいます。
そして、こうした施設のなかでも人気なのが、なんといってもドッグランです。
大型犬や活動的な犬種の場合、広い場所で走ることができるドッグランは運動欲求を満足させるために有効です。
設備の整ったドッグランなら、足を洗ったりする水道もあるため、思い切り遊んでも車に戻る前にきれいにできるのも嬉しい点です。

SAとPAの設置間隔

2014/05/16

高速道路を走行している時に、誰もが一回くらい立ち寄ることのあるサービスエリアとパーキングエリア。 あれってどのくらいの間隔であるものでしょうか。

サービスエリアは、概ね50キロ間隔(北海道は概ね80キロおき)に設置されています。 たとえば、東北自動車道を東京から仙台方面に走行した際に、最初にあるのが蓮田サービスエリアです。 そこから久喜インタチェンジー、加須インターチェンジ、羽生インターチェンジ、羽生パーキングエリア、館林インターチェンジ、佐野藤岡インターチェンジときて、佐野サービスエリアです。 次のサービスエリアまでが、インターチェンジが五つあり、パーキングエリアが一つあり、距離にして約40キロあります。 サービスエリアは、トイレや駐車場のほかにガソリンスタンドやレストランなどがあり、自動車の給油や整備のほかに、食事をとるための施設です。

パーキングエリアは、概ね15キロおき(北海道では25キロおき)に設置されています。

東北自動車道を佐野サービスエリアから出ると、次にあるパーキングエリアは、都賀西方パーキングエリアです。 鹿沼インターチェンジを挟んで大谷パーキングエリアがあり、距離にして20キロあります。 パーキングエリアの大半は、駐車場とトイレのみと小規模な休憩施設です。

以上がサービスエリアとパーキングエリアの設置間隔の説明です。

 

SAとPAの違い

2014/05/16

高速道路を走行していて休憩するスポットの解説を。

SA、サービスエリアは概ね50キロごと、北海道では80キロおきに設置されている休憩スポットです。 休憩、食事、自動車の給油と点検などを行うためのスポットです。 駐車場やトイレはともかくとしまして、レストランや公園、果ては温泉や宿泊施設を備えているサービスエリアもあります。 また、近年ではサービスエリアに行くだけが目的の人も増えてきており、それの影響はサービスエリアで販売している名物が目的であったり、速弁なるものを売り出しているサービスエリアもあります。

PAは、パーキングエリアであり、概ね15キロ、北海道では25キロごとに設置されている休憩スポットです。 大体は、トイレと駐車場のみであり、本当に休憩するだけの施設が大半です。 駐車場に止められる台数が限られているので、常に満車になりやすく、バスなどの大型車が入りにくいという欠点もあります。 ただ、バスでの団体客があまりきませんので、ゆっくり休めるという長所がPAにあります。

ただ、最近ではサービスエリア並みの施設を兼ね揃えているパーキングエリアがあったり、トイレと駐車場のみのサービスエリアがあったりと、施設面では逆転しているところもあります。

かいつまんで言えば、設置されている距離の違いです。

サービスエリアとパーキングエリアの活用術

2014/05/16

高速道路には案内表示にPA、SAの記載があります。PAはパーキングエリアのことで、駐車スペースがあり、トイレと簡単なコンビニなどの水分や食べものなどを購入できるようになっているところを示します。一方、SAはサービスエリアのことで、パーキングエリアのサービスに付け加え、お土産物やさんや、飲食店がより充実しています。こちらの方が利用客が多く、ゴールデンウィークや年末年始のピーク時は混雑していることも多くあります。しかし、その場所によって名物の食べ物、お土産品などがあるため、あらかじめ目的をもって立ち寄っている人もいます。ついついいろんなお店を見てしまって長居をしてしまうこともあります。トイレのためだけに寄ったのに、たくさんお買い物をしてしまったなどということもあるでしょう。そういったことを避けたい方がぜひパーキングエリアに立ち寄ることをおすすめします。トイレだけでしたら、十分ですし、混雑に巻き込まれることも少ないでしょう。高速道路を走っていて、休憩を考える際に、案内表示を見て、次はどちらかをチェックしてから立ち寄るようにしましょう。この二つを上手に活用することでスムーズなドライブができることでしょう。